人妻タウン|人妻とセックスしたい人の出会い系ガチ体験談!

【オススメ記事】色んな男とセックスしまくりの人妻に中出しかましてきましたわww

calendar

人妻好きのぼくがこのブログを立ち上げたのは、たまたま見つけたこの記事がきっかけでした。

僕を出会い系サイトに導いてくれた「出会い系体験談【母さんに誓ってガチです】」って体験談サイトの「【画像あり】人妻を出会い系サイトで釣ったガチ体験談!人妻とセフレになる方法を大公開!」って記事なんですが、いままで抑えていた人妻さんへの欲求が一気に爆発!してしまったのです。

そんな僕がすごい経験の人妻と出会ったときの話を今回はお教えしようと思います。

まずはこちらのラインでのやり取りをご覧ください……。

お分かりいただけただろうか? PCMAXで知り合い、ラインを始めてからものの数時間で不倫セックスを終えていることに……。驚くべきことでしょう? はい、自分自身もむちゃくちゃにビックリしています。史上最短記録ですわ。

なお、このセックスは一人暮らしの我が家にて行われました。ホテルに行く手間が省けるからこそのこの記録なわけですね。相手の人妻が車で10分ほどの距離に住んでいることも、良い方向に作用しました。

「いきなり一人暮らしの男の家に上がるとか怖くなかったの?」
「それはむしろこっちのセリフじゃない?笑 怖くなかったの、人妻といきなりって」
「まあ願ったり叶ったりだから、そこらへんは良いかなってw」
「私はこういうの慣れてるからね。なんとなく雰囲気で分かるんだわ」
「危ない人かどうか?」
「ただのエッチ目的かどうか笑。 エッチ目的だけならある意味、安全でしょ?」

この人妻、実は相当なヤリマンで、他の男ともこうして不倫セックスを繰り広げているらしい。自分で言ってました。曰く、「私は重い女だから、複数と関係を持って行為を分散してるの」なお、彼女はそこまでイイ女ではないww

言い忘れてました。彼女の名前はユキエさん(仮称)。2人の子供を持つ、33歳。こう見えても、小学校で先生らしきものをやっているらしい。「そんな職業の人が、って思ったでしょ?」とは彼女の言葉ですが、全くその通りですね。

「また来ても良い? こんなに近くに住んでる人、初めてなんだ笑」
「良いけど、別の男とセックスした後はもうやめてね?」
「それでも良いって言ったくせに笑」
「それは……」
「はいはい、賢者モードね、賢者モード。便利な言い訳だね、本当に」
「あと、来るときは事前に連絡して」

はーい、と言ってユキエさんは俺の家のドアを潜りました。閉まったドアの向こうから、やがてエンジン音が聞こえ、それは徐々に遠ざかっていきました。彼女は家庭に帰っていきました。シャワーも浴びず、中に出された精液を股ぐらに残しながら。

人妻を狙うなら事前に○○をゲットしておけ!

出会い系を利用していると、狙う狙わないに関わらず、一定の確率で人妻がゲットできます。結婚していることを隠している人もいたりするので。なんででしょうね。人妻という肩書は、誘蛾灯のような役割を果たしもするのにww

まあその話はさておき、俺が出会い系を始めたての頃、1人の人妻と出会ったんですね。やり取りをして、結構仲良くなった。それで俺は、自然な流れとして「良かったらラインしませんか?」と聞きました。そしたら相手の人妻は、

「ごめんなさい。ラインはできないの」

これはもう無理だなと思って、その時点で俺はやり取りを止めました。その当時はそれが最適解だと思ったのですが、今思うと非常にもったないことをしたなと。なぜなら、彼女が「でもカカオなら大丈夫だよ」と言外に言っていた可能性があるからです。

人妻を狙うなら、事前にカカオをインストールしておくべき!

ラインは有名過ぎて、バレる可能性が高いんですよ。あとはプライベートで使用していることもあり、本名であったり、個人情報ダダ漏れの写真がリアルタイムとかに載っていたりもする。ラインは色んな意味でリスクがあり、だからこそのカカオなわけですね。

ちょいマイナーなトークアプリであるカカオは、巷では「不倫専用アプリ」とか言われていたりもします。不倫中の人妻がよく使うので。使い方はラインとほぼいっしょなので、特に不都合は生じません。

ちなみに、さらに用心深い人妻になると、メールでのやり取りを希望してきます。確率はそんなに高くないですけどね。でも一定の割合で、それを希望する人はいるわけです。なので、最終的な結論としては、

人妻を狙う時は、事前にカカオとフリーアドレスをゲットすべし!

どちらも無料なので、ゲットしておいて損はありませんよ。フリーアドレスは、Gmailがあれば十分です。あとはYahoo!とか。時間がある時に適当に取得しておきましょう。

知り合った人妻がまさかの他の男との中出しセックス直後でしたww

PCマックスで知り合ったユキエさん。きっかけはごくごく平凡で、プロフ検索から彼女を見かけた俺がメールを送ったことでした。返信はすぐに届きました。そこには、度肝を抜くような言葉が綴られていました。

「ちょうどホテルを出たところだったのでビックリしちゃいました笑」

なんとユキエさん、出会い系の男とラブホテルでセックスをした直後だったのです。男とは既に分かれたらしく、テンポの良いやり取りが続きました。

「ホテルって何時からいたんですか?」
「んー、9時半くらい? 旦那と子供を見送ってすぐに出たから笑」
「相手の人とはいつ知り合ったんですか?」
「先週だったかな? 中出しオッケーだよって言ったらすぐに会いたいって笑」
「中出し、オッケーなんですか?」
「うん、ピル飲んでるからね♪ あ、誰とでもエッチするわけじゃないからね?」

説得力に欠ける言葉でしたが、とりあえず俺たちはラインを交換しました。それが冒頭に載せた画像です。あのやり取りの間にも、もちろん会話があります。その会話の流れで近くに住んでいることが分かり、それなら明日会ってみようかという話になったわけですが、

夕方、突然こんなメッセージが届きました。旦那がいるから今日は無理といっていたユキエさんでしたが、突発的な事態により旦那と子供が外出。急遽、我が家に来ることになりました。

待ち合わせたホームセンターで待っていると、やがて一台の軽自動車が駐車場に止まりました。ユキエさんです。助手席に乗り込むと、可もなく不可もない、複数の男を惑わすような魔性はとてもじゃないけれど感じられない女性が、ハンドルを握っていました。

「旦那さんどうしたの?」
「競艇行くっていって、そしたら子供たちもそっちに付いていっちゃってさ」
「別に今日じゃなくて明日でも良かったんじゃない?」
「えー、でもなんか話してたら会いたくなっちゃったし笑」

ものの数分で我が家に着きました。「本当に近いね」ユキエさんが呟きました。不安がる様子もなく、彼女は部屋に上がりました。ベッドの縁に座る。俺もその横に腰を下ろしました。

「ははあ、ここに色んな女の子を連れ込んでるのね? ヤリ部屋ってやつ?」
「連れ込んだことはないですよ。ユキエさんが初めて」
「おー、光栄だね。初めてがこんなオバサンで良かった?笑」
「他に呼ぶ人もいないし」
「オバサンは否定してくれないんだ……」

タイムリミットはおよそ2時間。頃合いを見計らってセックスに持ち込もうと思っていた俺でしたが、ふと彼女がこちらをじっと見ていることに気付きました。視線を合わせる。しばらくの沈黙。顔を近づけると、隙間の空いた口が一気に飛びかかってきました。

むさぼるように吸われる唇の隙間から、なんとか言葉を絞り出す。

「……セックス、しないんじゃないの?」
「そのつもりだったけど、ここ来たら無性にエッチしたくなっちゃって……」
「昼間もしたんじゃないの?」
「したよ。でもエッチは何度しても飽きないでしょ」
「ゴムないよ?」
「言ったでしょ、ピル飲んでるって。ゴムなんかいらないよ」

お互いに服を脱ぎ、ベッドの上で交じり合いました。ちょっとぽっちゃり気味で、色気のいの字も感じられない身体でしたけど、中出しできる、その事実に対する興奮だけでもう十分でした。

セックスをし、中に出した。ティッシュが遠くて、ベッドの上に精液が漏れました。その瞬間にはもう俺の内側には賢者が舞い降りていて、「あー、シーツ洗うの面倒くさい……」と考えていました。

中出しセックスオッケーの都合良すぎ人妻セフレができましたww

中出しセックスをした翌日の夕方、俺の部屋にユキエさんの姿がありました。昨日の今日で、またうちに来たのである。正直、そこまで性欲があるわけではないので、2日連続のセックスはあまり乗り気ではありません。

「えー、じゃあいいよ、寝ててくれれば。勝手にエッチするから」

そう言ってユキエさんは俺のズボンをパンツごと下ろして、ベッドに寝そべった俺の下半身に、自身の股を下ろしました。半立ち、くらいの俺のムスコでしたが、セックスをしているうちにみるみる元気になって、気付けば俺も積極的に腰を動かしていました。

それからというもの、ユキエさんは事あるごとに俺の家を訪れるようになりました。「旦那にバレたらどうすんだよ」という時間帯にも。大丈夫と彼女は言うけれど、俺は不安で溜まりません。都合が良いのは構わなけれど、都合が良すぎるのも考えものです。